知ってほしいこと

おくちのこと

生まれた時からバランスの良い
「口内フローラ」を育てましょう。
あの腸内フローラのように、おくちにも「口内フローラ」があり、菌のバランスを良い状態に保つことが大切です。特に歯が生え揃う1歳7か月から3歳頃は「感染の窓」と呼ばれ、むし歯菌に感染しやすいので、この時期までに「仕上げみがき習慣」をつけましょう。赤ちゃんのおくち環境は周りの影響を受けやすく、特に妊娠中や出産後にむし歯になりやすいママのケアも大事です。

おなかのこと

3歳までの「腸育」が、
一生の健康づくりに役立ちます。
最近の研究で、「腸内フローラ」は腸だけでなく、アレルギーや肥満など“全身”にも影響を与える可能性が示されつつあります。そして赤ちゃんは、胎内にいる時はほぼ無菌ですが、生まれてからの環境や食べ物によって3歳頃までにはその子特有の「腸内フローラ」を形成し、その後は大きく変わらないと言われます。だからこそ、3歳までにバランスの良い「腸内フローラ」を育てることが、大事になります。

おはだのこと

生まれたらすぐのケアで、
「肌バリア」「肌フローラ
を育てましょう。
赤ちゃんのおはだはバリア機能が未熟で、乾燥しやすく、アレルゲンなど外部からの影響を受けやすい状態です。近年、成長とともに花粉症などのアレルギーを次々に発症する「アレルギーマーチ」も、乳幼児期のアトピー性皮膚炎が引き金のひとつであることが分かってきました。バリア機能を高めるために、早い時期からのスキンケアで「肌フローラ」をしっかり整え、うるおいを保ってあげて、すこやかなおはだをはぐくみましょう。
※フローラとは、おなか(腸)や、おくち、おはだに存在する、いろいろな菌(善玉菌や悪玉菌など)の集まりのことです。
サンスター発、
おくち」「おなか」「おはだ」について、
もっとさまざまな情報が紹介されている、
医師、専門家監修のサイトです。
ベビーのこと